2005年5月10日

わが免疫力のために。


1週間ほど前から、手術したところから膿が出始めた。膿が出始める数日前から痛みも気になっていた。膿があるってことは膿んでるわけで、だから痛いんだろうな。
病院に行って、抗生物質をもらった。
退院してから、毎朝ヨーグルトを食べている。腸内の健康は免疫力の向上につながるということで、努力している。

毎日ヨーグルトを食べなくてはならないのは結構面倒だ。毎日は食べたくない。しかし、継続なくして、効果は期待できない。そのように、せっかく努力して乳酸菌を摂取しているのに、抗生物質など飲んだら、大事な乳酸菌たちが殺されてしまうのでは?インターネットで調べて見ると、抗生物質は腸内細菌も殺してしまう。ペニシリン系の抗生物質では腸内善玉菌の減少から下痢をする人が半分近くにもなるらしい。「薬を飲んでいる間はヨーグルト健康法はあきらめるか。」とがっかりしていたところに、「抗生物質服用中こそ、ヨーグルトを食べよう」という記事を見つけた。
抗生物質を服用して、腸内細菌が減少してしまった人がヨーグルトを食べ続けたところ、抗生物質服用中にもかかわらず善玉菌の数が正常値に戻ったという。

と、免疫力向上のために日夜、健康を心がけて生活している。ところが、3日ほど前から原因不明の皮膚病に悩まされてる。顔の表面がミカンみたいにボコボコになって腫れ、痒い痒い。
免疫賦活にこんなに期待している今、こんな症状が現れるなんて、私のしている努力に意味はないの?